ハリーポッターのテーマパークがとしまえん跡に誕生!2023年春ごろオープン予定

豊島園

日本に第二のハリポタテーマパーク誕生!

米映画大手ワーナー・ブラザースが、ハリーポッター「テーマパーク」をとしまえん跡に建設予定というすごいニュースがありました。

としまえん閉園へ 跡地に「ハリポタ」施設

日本でハリーポッターといえばUSJですが、もうひとつハリーポッターの「テーマパーク」ができるなんてハリポタファンにはたまらないですね。

正式決定があるのは今年の春のようですが、現時点で分かっている情報を紹介します!

としまえん跡地の一部に2023年春にオープン予定

キングクロス駅9と4/3番線

テーマパークはスタジオ型と呼ばれるロンドンにある施設を参考に検討が進んでいます。

テーマパークと言えば同じハリー・ポッターをテーマにしたUSJの「The Wizarding World of Harry Potter」にあるようなアトラクション的なものを想像しますが、どうやらそうではなく博物館的なものになりそうですね。

ロンドンの「ハリーポッター・スタジオツアー」に近い?

ロンドンの施設では、ホグワーツ魔法魔術学校の大ホールの巨大セットや、ハリーが最初に住んでいたプリベット通り4番地にあるダーズリー家の階段の下の部屋などがあります。

4つの寮の制服やダンブルドア校長、スネイプ先生の衣装なども展示されています。また、本物のホグワーツ特急もあり、実際に中に入ることができます。

ダイアゴン横丁や禁じられた森、グリンゴッツ銀行などもあり見どころ満載の施設です。

日本にはどれくらいの規模のスタジオ型施設になるかはまだ発表されていませんが、ロンドンと同じような施設ができると思うとものすごくワクワクします。

残りの土地は東京都が整備

としまえんの敷地全部がハリポタのテーマパークになるわけではありません。

西武グループが所有している20ヘクタールの土地は東京都が買い取り、地震など大規模な災害時の避難場所を兼ねた公園としてリニューアルする予定です。

もしハリポタの施設がオープンしたら、施設を見学したあとに公園で遊んだりピクニックできたり一日中楽しめるレジャースポットになりそうですね。

としまえんの遊戯施設やプールは順次閉鎖

都市型遊園地「としまえん」は西武グループが所有し、遊戯施設やプール、温泉施設などがあります。

誕生から100年近くたつ歴史あふれるテーマーパークですが、実は1950年代から公園化の計画がありました。ただ住民の反対運動などで話が進まず現在に至ります。

としまえんは、大正15年、当時財界人の一人であった藤田好三郎氏が所有していた土地を、運動と園芸を東京市民に広く奨励するために公開したのが始まりです。
かつて、この土地を治めていた、豊島左近太夫景村の居城跡にあたることから、名前もそれにちなみ「豊島園」と命名されました。

としまえん公式ページより引用

2011年の東日本大震災後、防災対策の一環として大規模公園にする計画を東京都が決め、西武側に買収を提案していました。

SNSではネガティブな声も多い

今回のニュースの感想をSNSで見てみると、どちらかというとネガティブな意見が多いように感じました。

中には「今さらハリポタの施設作るならUSJに行けばいいのに」なんてつれない声も。

やっぱり長年愛されてきたとしまえんがなくなるのが寂しい、という人が多いです。ただ、日本だけでなく世界でもファンの多いハリー・ポッターだけに、オープンしたら息の長いスポットになるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です